Tag Archive: ハロルド作石

[ハロルド作石] RiN リン 全14巻

[ハロルド作石] RiN リン 全14巻 zip

第13-14巻 [別スキャン/h1600]新着[ひよこ自炊]
 ⇒Salefiles ⇒BigFile ⇒Zippyshare [+AD]
 ⇒Uploaded ⇒DataFile ⇒FastStore – 144.7MB

第01-07巻
 ⇒Salefiles ⇒BigFile
 ⇒Uploaded ⇒DataFile ⇒FastStore – 523.2MB

第08-14巻
 ⇒Salefiles ⇒BigFile
 ⇒Uploaded ⇒DataFile ⇒FastStore – 523.4MB

[ハロルド作石] RiN リン 全14巻 zip rar torrent

伏見紀人の学園生活は退屈そのもの。だが彼には「漫画家になる」という夢があった。
やってきた夏休み、渾身の一作を携えてあこがれの雑誌「トーラス」編集部を訪ねるも、評価はボロボロ……。
落ち込む伏見だったが、夢に懸ける思いは捨てずひたすら漫画に打ち込むのだった。
一方、不思議な力をもつ少女・石堂凛。
彼女もまた、自分の居場所を見つけようともがく日々を送っていた。
 
伏見と凛。ふたりが出会うとき、壮絶な運命の扉が開く──。

[ハロルド作石] ストッパー毒島 全12巻

[ハロルド作石] ストッパー毒島 全12巻
 ⇒Uploadable
 ⇒FastStore
 ⇒DataFile

プロ野球入りを目指す高校生・毒島大広は、非凡な才能を持ちながらも素行不良から野球部に入れてもらえず、学外での乱闘事件をきっかけに高校も退学になった。しかし毒島を中学生の頃から見ていたパ・リーグの弱小球団・京浜アスレチックスの木暮スカウトの働きもあり、1995年のドラフト会議でアスレチックスから8位指名を受ける。入団を渋る周囲の人間を自慢の剛速球で捻じ伏せた毒島は、チームのストッパー(抑え投手)を志願し、シーズン60セーブとチームのリーグ優勝を目指して1年目から大暴れする。

[ハロルド作石] バカイチ 全04巻

[ハロルド作石] バカイチ 全04巻

 ⇒Uploadable
 ⇒FastStore
 ⇒DataFile

喧嘩しか取り得の無い落ちこぼれ高校生の大場一良(おおば かずよし、通称:バカイチ)が、自分の数奇な出生の秘密を知りつつ、空手を通じて成長していくストーリー。『空手バカ一代』のオマージュ的作品で、名前をもじった人物も数多く登場している。主人公は古流の空手の使い手だが、K-1のような打撃格闘大会から、当時としては目新しい総合格闘技にも舞台を移した。ハロルド作石の作品の中でも、特に、修正が加えられたり、単行本未収録の話が多く、完全版を待ち望む読者も多い。

[ハロルド作石] BECK 全34巻

[ハロルド作石] BECK 全34巻

第01-12巻
 ⇒Uploadable ⇒FastStore ⇒DataFile
第13-24巻
 ⇒Uploadable ⇒FastStore ⇒DataFile
第25-34巻
 ⇒Uploadable ⇒FastStore ⇒DataFile

平凡な毎日に不満を持っていた主人公の少年・田中幸雄(通称:コユキ)は、南竜介との偶然の出会いによって、音楽の世界に入り込むことになる。南竜介・田中幸雄を中心に、バンド:BECK(ベック)・英語名:Mongolian Chop Squad(モンゴリアン・チョップ・スクワッド、M.C.S)が結成され、失敗・挫折を繰り返しながらも、音楽への信念を原動力に一歩ずつ前進してゆく様を描く。

[ハロルド作石] ゴリラーマン 全12巻 [文庫版]

[ハロルド作石] ゴリラーマン 全12巻 [文庫版]

第01-06巻
 ⇒Uploadable ⇒FastStore ⇒DataFile
第07-12巻
 ⇒Uploadable ⇒FastStore ⇒DataFile

ある日、白武(しらたけ)高校に転校してきた非常に無口な池戸定治は、なぜか不良グループと気が合い、外見から「ゴリラーマン」というあだ名を進呈され、行動をともにする。
実は、ゴリラーマンはケンカをすれば並の不良では全く敵わないほど強く、これまでいた学校では必ず問題を起こし、転校に追い込まれてきたのだった。しかしながら、無口でほとんど自己主張がないため、仲間たちはゴリラーマンの恐ろしさに気づいていなかった。
ストーリーは、大きく前期と後期に分けられる。全般的に、仲間たちと過ごす高校での日常の描写を淡々と描きながら、校内球技大会などのスポーツや、バイト、生徒会活動、周辺の高校の不良たちとの抗争などのエピソードを加えている。
主要登場人物の2年生から3年生の間を描いている。

[ハロルド作石] 7人のシェイクスピア 全06巻

[ハロルド作石] 7人のシェイクスピア 全06巻
 ⇒Uploadable
 ⇒FastStore
 ⇒DataFile

1600年のイギリス、ロンドン。芝居は庶民の娯楽として大いに人気があったが、権力側の少なからぬ者達が、この風潮を苦々しく思い、ともすれば取り締まろうと躍起になっていた。 シェイクスピア劇団による大評判の芝居、「ハムレット」の脚本を別の劇団に売り込もうとしている顔に大きな痣のある男がいた。しかし、台本の台詞とあらすじを聞いた芝居通の男が、「自分の見た芝居と違う」と言い出し、男は叩き出されてしまう。「下衆野郎」とはき捨てられた男は言い返す。「シェイクスピアこそ下衆野郎の詐欺師だ」と。
その13年前。リヴァプールの塩商人ランス・カーターことウィリアム・シェイクスピアは一人の黒髪の少女、リーを拾う。彼女は未来を予見できる能力を持っていたが、不吉をもたらす魔女として白眼視され、喉をつぶされた上、嵐の夜に人身御供として流された中国人移民であった。幼馴染で商才に長けたワース、中年の従僕ミルらの下で保護され、英語を覚えたリーが綴るソネットは、商人ギルドのために芝居を書いていたランスにとめどない霊感をもたらすのであった。