[渡瀬悠宇] アラタカンガタリ ~革神語~ 第01-24巻

第22-24巻 +13巻[別スキャン] ※[非解体見開き/表紙カバーなし]新着[はるか転載]
 ⇒Salefiles ⇒BigFile
 ⇒Uploaded ⇒DataFile ⇒FastStore – 263.8MB

[渡瀬悠宇] アラタカンガタリ ~革神語~ zip rar torrent


第01-07巻
 ⇒Salefiles ⇒BigFile ⇒Uploaded ⇒DataFile ⇒FastStore – 523.2MB
第08-16巻
 ⇒Salefiles ⇒BigFile ⇒Uploaded ⇒DataFile ⇒FastStore – 523.2MB
第17-24巻
 ⇒Salefiles ⇒BigFile ⇒Uploaded ⇒DataFile ⇒FastStore – 523.2MB

異世界へと迷い込み、重大な使命を負うことになった少年の成長を描いた作品。
“天和国”(アマワクニ)と現代の日本の2つの世界で、革とアラタ、2人の少年を中心に展開する。
 

人と神々が共に生きる世界“天和国”(アマワクニ)では、剣の姿の神、“劍神”(ハヤガミ)を所持する鞘(ショウ)と、鞘を治める統治者である秘女王(ヒメオウ)によって平和が保たれていた。
だが、30年に一度行われる秘女王交代の儀式の中、鞘の頂点に立つ十二神鞘(じゅうにシンショウ)の突然の裏切りによって秘女王は倒れる。儀式に参加したため暗殺の濡れ衣を着せられ、逃亡することになった秘女族(ヒメぞく)の少年アラタは、行き着いた森に飲み込まれ闇の中へと消えてしまう。
そして現代の日本、やっと出来た友達の裏切りに遭い、絶望の底にいた高校生の革(あらた)は、何かに導かれるかのようにとある路地へと迷い込む。その出口は、アラタがいた幻想の世界だった。その世界でアラタと間違えられた革は、劍神に選ばれし鞘(ショウ)となったと言われるが、秘女王殺しの罪で捕らえられ流刑を言い渡される。
だが、少女コトハから渡された勾玉を通じて瀕死の秘女王から、命尽きる前に劍神を自分の元へ届けてほしいという願いを聞き、自分を信じると言う秘女王のために、革は見知らぬ異世界で使命を果たそうと最果ての地獄と呼ばれている流刑地ガトヤから首都(ミヤコ)まで長き道のりを進む決意をする。
一方、世界を治める秘女王が倒れたことによって、“劍神”の封印が解け、所持者である鞘達は全ての“劍神”を得て自らが大王(オオキミ)になり世界を征するため熾烈な争いを始める。その戦いに無関係な人々が巻き込まれて命を失う様を見た革は、自ら「大王争い」に加わり、戦いを終わらせる覚悟を決める──。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です